2015年01月12日

シーサー作家「新垣光雄」のシーサーの魅力に迫る!

前回は、2014年人気記事第1位「本格ペアシーサー」の追加情報の位置づけで、「沖縄 本格シーサーがほしい方必見!」と題して、“本格シーサー”の作品や購入場所などを紹介しました。

今回は、2014年人気記事第2位「シーサー作家 新垣光雄」の追加情報!
新垣光雄のシーサーの魅力に迫ります!



生きているかのような躍動感のホーヤーシーサー

様々なポーズがあるシーサーの中でも“ホーヤーシーサー”は動きを感じられるシーサーだけど、新垣光雄さんのホーヤーシーサーの躍動感はピカ一!
もっーと、ぐぐっとおしりを上げている作品もあります。

※ホーヤーシーサー
 おしりを天に上げて前で這うようにしている姿勢のシーサー。「ホーヤー」とは這うの意味。

新垣光雄本格ペアシーサー.png


注目してもらいたいポイントは色々あるけど、まずは表情!
いかつい顔していますよね。
この表情で悪いやつを威嚇!

そして、爪!
筋張っていて、力が入っている雰囲気が伝わってくる、この足が魅力的。
悪いやつが来たら、今にも飛びかかりそうじゃありません?
頼もしい「守り神」です。

最後に、毛流れ!
先ほどの作品を上から写した写真がコチラ。

新垣光雄 ホーヤーシーサー.png


生命力溢れた毛流れに、うっとり見入ってしまいます。
他のシーサーにも“たてがみ”があるけれど、新垣光雄さんのシーサーの毛流れは荒々しくて、毛の動きからも「このシーサー強そう!」って感じます




縁起の良い玉乗りシーサー&岩登りシーサー

玉乗りシーサーは、大切なもの(財産など)を守る縁起の良いシーサーと言われています。
新垣光雄さんの玉乗りシーサーがコチラ。
顔、胴体、足、といった全体のバランスがいいのも魅力の一つ。

新垣光雄 玉乗りシーサー.png


玉乗りシーサーには、この作品のように玉の上に両足を乗せて座っているポーズ前足だけを玉に乗せているポーズ片手で玉を掴んでいるポーズなど色んなものがあります。
「玉乗りシーサー」で、先ほどのホーヤーシーサーに似たタイプのシーサーもあるんですよ。
「シーサー作家 新垣光雄」(2014年4月20日)の紹介記事で、そんな玉乗りシーサーの写真を1枚掲載しています。

「このシーサー作家さんの作品がほしい。」と狙いを定めた後は、どの姿勢のシーサーにするかも悩みどころですね。


こちらは、ちょっと変わった岩登りシーサー

新垣光雄 岩乗りシーサー.png


新垣光雄さんのシーサーでは、「岩登りシーサー」も実はよく見かけるタイプです。
この記事の最後に紹介している内藤剛志さんが持っているシーサーの一つも岩登りシーサーー。しゅうが以前見た内藤剛志さん保有のシーサーは、大きな岩に何体ものシーサーが乗っている大迫力の作品でした。

鋭い爪で、岩にがっしり掴っている感じが逞しいですね。



逞しい前足の蹲踞(そんきょ)シーサー

新垣光雄さんの蹲踞(そんきょ)シーサーは、中サイズから特大サイズまで、沖縄県の至るところで見ることが出来ます。

※蹲踞(そんきょ)シーサー
前足を立てて座っているポーズのシーサー


まずは、「やちむん通り」入口にあるシーサーからご紹介。

やちむん通り 新垣光雄シーサー.png


「壷屋陶芸センター」の建物の前にいるんだけど、この迫力は「やちむん通り」全体を守ってくれそうです。
新垣光雄さんの蹲踞シーサーは前足ががっしりと太いのが特徴ですね。



こちらの作品は、白い蹲踞(そんきょ)シーサー
白は、新垣光雄さんの作品としては珍しいんじゃないかな。

さきほど紹介した蹲踞(そんきょ)シーサーは真正面を向いているけれど、こちらは横向き。
横向きの方が多いですよね。加えて、ポーズとしても横向きの方がかっこいい気がします。

新垣光雄 白シーサー2.png

新垣光雄 白シーサー1.png


同じ作品でも見る角度によって印象が違いますよね。
シーサーを選ぶ時は、360度(まー、真下から見ることはないだろうけど。笑。)色んな角度から見て決めるといいと思いますよ。

新垣光雄さんのシーサーは、どの角度から見てもかっこいいです。



新垣光雄さんのシーサーを何作品か紹介しながら魅力紹介をしてきましたが、いかがでしたか。
2014年に2番目に読まれた記事が「シーサー作家 新垣光雄」だったので、「沖縄HAPPYTIME」を訪問してくれる方にもっと充実した情報を!と思っての追加情報です。
最後に、大人気シーサー作家の新垣光雄さんのシーサーを大切にしているスポーツ選手と芸能人を1名ずつご紹介ね。



野球選手東浜さん 合宿所に新垣光雄さんのシーサーを持ち込み!

ソフトバンク東浜と新垣光雄シーサー.jpg

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー、東浜(亜大)は、福岡市東区の西戸崎合宿所に入寮。
人気シーサー職人・新垣光雄氏(46)が制作した一対の巨大シーサーを持ち込んだ
「守り神なので、あるだけでも心強い。実家の屋根にあるシーサーと同じくらい大きいですね」
新垣氏が、東浜の知人からの注文を受け、通常2、3カ月かかるところを3週間で仕上げた。
体長約30センチあり、値段を付けるならば7万〜8万円の高級品という。
魔よけの神を部屋に置き、10日から始まる新人合同自主トレでは「股関節回り、体幹とか軸になる部分を鍛えたい」とした。
(出典:2013年1月10日 スポニチ)

2年ほど前の記事ですが、新垣光雄さんのシーサーが紹介されているので掲載。
さすが沖縄県出身の東浜さん、合宿所にシーサー持込とはなかなかやりますね。
写真のシーサーを見ると、新垣光雄さんの作品の特徴が良く出ている“本格シーサー”です!
両手で抱えるぐらいの大きさ(体長約30cm)は “本格シーサー”としてはよくあるサイズだけど、スポニチの記事では“巨大シーサー”と表現されています。確かに、合宿所に持ち込むには巨大サイズだったかも。笑。

以前紹介した記事では、みやび工芸HPの紹介文より抜粋して「入手困難!3年待ちのシーサー」なんて書いちゃったけど、「通常2〜3ヶ月」の情報の方が真実味がありますかね。
どちらにしろ、新垣光雄さんのシーサーの人気ぶりがわかりますね。




内藤剛志さん 新垣光雄さんのシーサーをコレクション!

内藤剛志さんは、2012年7月14日に放映された「朝だ!生です 旅サラダ」という旅番組のゲストとして、大好きな沖縄を案内。その時に、内藤さんが訪れたのが読谷村にある「やちむんの里」
前回の「沖縄 本格シーサーがほしい方必見!」の記事で紹介している場所ですよ。

内藤剛志さんは新垣光雄さんのシーサーに魅せられて、今までに何体も購入しているんですって。
“本格シーサー”を何体もなんて・・・!!

その他、内藤剛志さんは「ダウンタウンDX」出演時にも、ご自身が持っている新垣光雄さんのシーサーを紹介していたらしいです。
内藤剛志さんがコレクションしている新垣光雄さんのシーサーを紹介しようと探してみたけど、今回見つけることが出来ませんでした。
以前は、確かネット上で紹介されてたんだけどなー。残念。

とにかく、コレクションしたくなるほどに新垣光雄さんのシーサーが魅力的ってことですね。



新垣光雄さんの工房

工房名 :やちむん屋
     (新垣栄得氏、新垣得二氏、新垣光雄氏の工房)
住所   :沖縄県中頭郡読谷村字座喜味789-1
TEL  :098-958-6994



また新たな情報を入手したら、「沖縄HAPPYTIME」で紹介しますね。






他の方の沖縄情報はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
↑↑↑ポチッと応援よろしくお願いします



<スポンサーリンク>


posted by しゅう at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄のお土産・生活雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この大きさの白いシーサーってあるんですね。
はじめて見ました。

昨日、今日の記事を読んで
新垣さんのシーサー欲しくなってしまいました!笑

Posted by ムーン at 2015年01月12日 12:27
ムーンさん、おはようございます。
新垣光雄さんのシーサー特集、ムーンさんが見てくれたらなーと思っていたので、コメント嬉しいです。

白いシーサー、珍しいし、かっこいいですよね。
私も個人的に、新垣さんのシーサーに惹かれています。
他のシーサー作家さんも紹介していくので、ぜひまた遊びに来てくださいね。
Posted by しゅう at 2015年01月13日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


しゅうオリジナルLINEスタンプ販売中
しゅうがLINEスタンプを作成しました。
沖縄好きさんに使ってもらえたら、嬉しいな。

↓↓↓コチラ
ゴーヤとシーサー.png       美ら海.png

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。