2015年06月27日

沖縄の世界遺産まとめ!〜9つの世界遺産をいっきに紹介♪〜

はいたい。沖縄の世界遺産全てに足を運んだしゅうです。
「せっかく全て回ったので、これから足を運ぶ方のために、役立つ記事を提供したいなー。」と思い、まとめ記事を作成してみることにしました。
(そんなたいしたものではないけど…、まとまってると情報収集しやすいかなーと。)


「沖縄旅行で世界遺産“も”楽しむ」は2回シリーズを予定。

第1回目の今回は2000年に世界遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の9つ遺跡のポイントをいっきに紹介。
一覧性を重視して整理してみますね。

第2回目沖縄旅行に、世界遺産巡りをどう組み入れて楽しむかという視点で紹介する予定なので、旅行プラン作成の参考にしてみてください。


【沖縄の世界遺産】
1.今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
2.座喜味城跡(ざきみじょうあと)
3.勝連城跡(かつれんじょうあと)
4.中城城跡(なかぐすくじょうあと)
5.首里城跡(しゅりじょうあと)
6.園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
7.玉陵(たまうどぅん)
8.識名園(しきなえん)
9.斎場御嶽(せーふぁうたき)



1.今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
今帰仁城跡 城壁撮影スポット.JPG

<ポイント>
@13世紀頃に建てられたとされる北山の城(現今帰仁村)
Aやんばるの山並みや沖縄の美しい海を眺めることができる最高のロケーション♪
B広くて見ごたえのある城跡なので散策時間は、1時間は確保しよう。

<関連記事>
今帰仁城跡 〜やんばるの山と沖縄の海を見渡す絶景〜




2.座喜味城跡(ざきみじょうあと)
座喜味城跡 くねくね曲線の城跡.jpg

<ポイント>
@15世紀初頭に護佐丸がつくった琉球王国時代の要塞の最高傑作!
Aくねくねとした城跡は上空から見ると★星型
B入場料無料、入場時間に制限なしで自由に楽しめるのが嬉しい。

<関連記事>
座喜城跡 〜護佐丸がつくった琉球王国時代の要塞の最高傑作!〜




3.勝連城跡(かつれんじょうあと)
世界遺産 勝連城跡3.jpg

<ポイント>
@13世紀初頭に築城され、10代め城主「阿麻和利」が有名
A東西の丘陵を利用した城跡は見事!
B北に「金武湾」、南に「中城湾」を望む贅沢なロケーションにある

<ポイント>
勝連城跡 〜天空の城と名づけたい阿麻和利(あまわり)」の名城!




4.中城城跡(なかぐすくじょうあと)
中城城跡 二の郭2.jpg

<ポイント>
@14世紀後半に築かれ、1440年頃に「座喜味城」の城主だった護佐丸が移り住み、当時最高の技術で増築した城
A「護佐丸・阿麻和利の乱」の舞台となった城跡
B東に中城湾や太平洋、西に東シナ海、北に勝連半島、南に知念半島を見渡せる素晴らしいロケーション

<関連記事>
中城城跡 〜「護佐丸・阿麻和利の乱」の舞台〜




5.首里城跡(しゅりじょうあと)
首里城 正殿1.jpg

<ポイント>
@首里城の創建は14世紀ころ。「首里城」を居城にした尚巴志(しょうはし)により、1429年に「琉球王国」が成立。その後、約500年にわたり、琉球王国の中心、政治・外交・文化の中心となったお城
A1992年に復元。世界遺産に登録されている沖縄の城跡の中で、お城の中を見学できるのは首里城だけ!
B2時間確保するとゆっくり回れる。

<関連記事>
首里城とは?
首里城 「龍」に注目して楽しむ!
首里城 スタンプラリーを制覇
首里城 世界遺産にふれる
首里城 琉球舞踊を無料で楽しむ
首里城 清らかな泉「龍樋」と「瑞泉門」
首里城 「守礼門」
首里城 園比屋武御嶽石門
首里城 歓会門・シーサー
首里城 漏刻門・日影台
首里城 万国津梁の鐘
首里城 広福門・西のアザナ
首里城 首里森御嶽・奉神門
首里城 正殿
首里城 右掖門・淑順門・久慶門・木曳門
首里城 龍潭・弁財天堂
首里城 ミュージアムショップ「球陽」




6.園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
首里城 園比屋武御嶽石門.jpg

<ポイント>
@「首里城」の有名な「守礼門」の先にある琉球石灰石でできた建造物。
A人が通過するための門ではなく、神様への「礼拝の門」。琉球王国の最高位の神女である「聞得大君(きこえおおきみ)」が就任する際に、最初に礼拝する場所。
B「首里城」の敷地内にあるので、「首里城」と合わせて見ることができる。

<関連記事>
首里城 園比屋武御嶽石門




7.玉陵(たまうどぅん)
玉陵 入口3.png

<ポイント>
@「琉球王国」の王様たちのお墓。1501年、尚信王が父尚円王の遺骨を改葬するために築かれ、第二尚氏王統の陵墓となった。
A当時の板葺屋根の宮殿を表した石造建造物。
B「玉陵」券売所の地下にある「展示資料室」をみてから実物をみるのがおすすめ。

<関連記事>
琉球王国の王と王妃が眠る墓
琉球王国の民話 〜木田大時と玉陵〜




8.識名園(しきなえん)
世界遺産 識名園「石橋」.jpg

<ポイント>
@18世紀終わり頃に作られた「琉球王国」の国王一家の保養地。別荘。
A池の周りを歩きながら景色を楽しむことを目的としている広大な庭の造園形式は「廻遊式庭園(かいゆうしきていえん)」
B緑いっぱいで、散策するのにとっても気持ちがいいスポット

<関連記事>
識名園 〜琉球王家最大の別荘でのんびり散歩はいかが?〜




9.斎場御嶽(せーふぁうたき)
斎場御嶽 三角岩.jpg

<ポイント>
@「琉球王国」最高の聖地と言われている御嶽(うたき)
A琉球の信仰における最高位の神女「聞得大君(きこえおおきみ)」の就任式が執り行われていた場所。
B「三角岩」が有名。

<関連記事>
斎場御嶽 基本情報
斎場御嶽 御門口(ウジョウグチ)
斎場御嶽 「大庫理(ウフグーイ)」と「寄満(ユインチ)」
斎場御嶽 「三角岩」と「シキヨダユルとアマダユルの壷」
斎場御嶽 「三庫理(サングーイ)」「チョウノハナ」「久高島遥拝所」



9つの「世界遺産」で気になるスポットはあったら、ぜひ過去記事もチェックしてみてくださいね。







他の方の沖縄情報はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
↑↑↑ポチッと応援よろしくお願いします



<スポンサーリンク>


posted by しゅう at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


しゅうオリジナルLINEスタンプ販売中
しゅうがLINEスタンプを作成しました。
沖縄好きさんに使ってもらえたら、嬉しいな。

↓↓↓コチラ
ゴーヤとシーサー.png       美ら海.png

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。