2015年07月17日

種を超えた愛なの?「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」

はいたい。沖縄の海とシュノーケリングが大好きなしゅうです。
今回紹介するのは「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」!
2種とも、「沖縄HAPPYTIME」初登場

でも、いつものフォーマットで1種ずつ紹介するのは、また別の機会に。
今回みなさんに紹介したいのは、この衝撃の密会写真!!


「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」のペア
ナミダクロハギとメガネクロハギのペア.jpg
(撮影場所:沖縄県辺戸岬)


何が衝撃写真なのかを説明しますね。
いつも通り海で出会ったお魚を撮影して、自宅で名前を調べていたら、「写真の子と似ているなー。」というお魚候補が2種
「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」
よく似た2種の見分け方は、眼下部の白色斑の形!

「ナミダクロハギ」:下方に広がらない
「メガネクロハギ」:下方に広がる


はい!
では、先ほどの衝撃の密会写真を再度見てみてくださーい。
ねっ!
白色斑の形から明らかですが、写真の2匹は「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」のペアなんです。

たまたま近くを通りかかったんじゃないのかって?
いいえ、2匹はペアです。カップルです。
たくさんの魚を見てきたしゅうには、わかるんです。
「種を超えた愛なのかなー。」
「周りの仲間には認められるのかなー。」

などと心配していたら、さらに面白い情報を見つけました。

「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」の間にはハイブリッド(ハーフ)が誕生することもある♪そう。
そして、「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」の両種の関係については今後の検討(研究)が必要なんだとか。

お魚にもハイブリッド(ハーフ)って、あるんですねー。
みなさん、知っていました?
1年以上も「沖縄HAPPYTIME」でお魚紹介をしていて、しゅうは今日はじめて知りました。

こーなると、もちろんハイブリッドの子にも出会ってみたいです。
でも、目元の白い紋が「ナミダハギ」と「メガネハギ」の中間ぐらいの大きさで下方に伸びてなければ、見つけられそうにないな。笑。
すごくお父さん似の子や、すごくお母さん似の子じゃ、わかんないものね。


しゅうは、子どものころ、「まんちゃー」と言われたりしたんですよ。
母親が沖縄県民(うちなーんちゅ)で、父親が他府県民(ないちゃー)だからです。
だから、ということではないけど、好きな者同士が仲良く泳いでいる姿や、そこからハイブリットが誕生するという新情報に、なんだか心がほっこりしました。


アイデンティティを大切にしつつ、他地域の方とも、他府県の方とも、外国の方とも、分け隔てなく接して、「魅力的だなー。」「いいなー。」と心惹かれる人とどんどん仲良くなりたいです。

「ナミダクロハギ」と「メガネクロハギ」のハイブリットに出会ったら、絶対紹介しますねー。




他の方の沖縄情報はコチラ↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
↑↑↑ポチッと応援よろしくお願いします



<スポンサーリンク>


posted by しゅう at 06:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄の海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


しゅうオリジナルLINEスタンプ販売中
しゅうがLINEスタンプを作成しました。
沖縄好きさんに使ってもらえたら、嬉しいな。

↓↓↓コチラ
ゴーヤとシーサー.png       美ら海.png